指導理念

Our Philosophy

本物と出会える、駿台の愛情教育

本物と出会える、駿台の愛情教育

駿台予備学校は1918年、明治大学教授で英文学者の山崎寿春先生によって創設され、今日まで90年余の歩みを重ねてきました。そして2018年、駿台はいよいよ創立100周年を迎えます。

人間を尊重し、深い愛情に根ざした教育法によって一人ひとりの目的を達成させることを生き甲斐とするその教育理念は、「優秀な講師陣こそ、生徒に対する最高の教育である」というひたむきな指導への取り組みであり、この建学の精神こそ、創設当時から受け継がれ、今なお変わらぬ駿台の「愛情教育」です。

私たち駿台個別指導部は、一世紀の歴史をもつこの「愛情教育」を、ここ仙台の子どもたちのために実践してまいります。

大学受験まで見据えた
個別指導学習フィールド

大学受験まで見据えた個別指導学習フィールド

駿台個別指導部がご提供する教務は、生徒の学習課題の解決のためだけに行う「個別指導」ではありません。

これから先どのような進路を目指し、どのような希望を思い描き、どのような夢を実現していきたいのかという、自分の力で将来の道を切り拓くための力を培うこと、それが「愛情教育」に立脚した駿台の「個別指導」です。

仙台の生徒のために

仙台の風景

多くの小・中学生にとって「高校入試」は乗り越えなければならない大きな壁ですが、この壁を越えることだけを目指して勉強していては、本来の「学ぶこと」から得る好奇心や知的探究心、分かることの楽しさなどを実感できずに高校生になる人もいるかも知れません。

私たち駿台個別指導部は、学ぶことの姿勢は小・中学生のうちに体得する必要があると考えます。

心身の発達が著しい時期に得る学習の知識と経験は、将来の自身の進路に大きな影響を与えます。私たちは地域に根ざした学習指導を通して、学ぶことの楽しさと大切さを一人ひとりに伝え、仙台の生徒の皆さんの学力向上に誠心誠意尽力してまいります。